ライカ
e0075699_21132250.jpg

     新しいデジカメを買いました。
     
     ワタシは35mmはデジタルで、フィルムはブローニーでと思っていて
     (ブローニーは既に2台持っているので)
     とりあえず何気に持ち歩けるコンパクトデジを選んだのですが
     改めて探してみるとこれがなかなかいいカメラがないのです。
     
     ワタシが今思ういいカメラとはデザインのことです。
     
     ライカの「C-LUX1」というカメラは
     パナソニックの「FX01」というカメラと全く同じものだそうです。
     それがライカの手にかかると全く違った印象になる。
     (価格も全く違ったものになるのですが・・・)。
     
     グリップの出っ張りを取って
     ライカの赤丸マークを付けただけなのに
     何かグッと魅力的に見えてしまうのは
     ワタシがライカ病(ドイツ崇拝病)にかかっているからなのでしょうか?

     写真は付属していたSDカードです。
     (デジカメが一台しかないので本体を写せないんです、でへへ)。
     バッテリーや充電器にもライカの名が入り
     電源をOFFにすると液晶画面にあの赤いライカマークが現れるところに
     しみじみと”あのライカが・・・”と感じ入ってしまいます。
     (既にライカ病じゃぁ~)。

     いろんな掲示板を見てみると
     「パナソニックが絶対お得」とか
     「ライカ崇拝者しか買わない」とか
     同じものが半値くらいで買える日本ブランドをお勧めしています。

     でもねぇ、かっこ悪いんだよねぇ~、見た目が。
     
     「安い」からとか、「コストパフォーマンス」がいいからという理由は
     何だか夢がない気がして敢えて割高な赤いマークを買いました。

     写真界においてかつてのドイツはもう存在していません。
     ローライも韓国企業のものになり
     アグファも全面撤退しました。
     
     ライカは・・・
     かろうじてオリジナルであるM型R型も
     そのほとんどは自国製ではないでしょう。
     (実際レンズはシグマ製とのことですし)。

     でも、ワタシはライカにM型を作り続けてほしくって(持ってないけど)
     ちょっといじっただけでアカ抜けたデザインにしてしまう
     ダメダメ企業のライカに敬意を表して
     赤丸ポッチを支持したいと思いました(エラソウ)。

     考えてみると中身がパナソニックということは
     逆に信頼性があって安心して使えます(笑)。
     
     ps:でも小さすぎるんだよね~、ボディが・・・。

[PR]
by norazin | 2006-05-26 22:09 | 日々


<< 五月病 治癒 >>